それな!芸能ニュース

それな!芸能ニュースは2chまとめブログです。



    (出典 www.news-postseven.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/12(木) 07:41:20.19 ID:8dgL29C59.net

    そのテープから編集された岡田有希子の歌声が流れると、あたりは静まり返った。涙を流すファンもいる。8月25日、東京・中野サンプラザ。
    15階の小宴会場で、これが最後となる「岡田有希子ファンミーティング」が開催された。

    「事件後、私が“第一報”で伝えたのが、生田智子さんでした。今日は、33年ぶりに会えて胸のつかえが取れた気がします」

    と、岡田の自殺直後の秘話を元マネージャーが語り出す一幕もあった。

    この催しは4回目。ファン熱が昂じ、自費で岡田のためのラジオ番組まで制作している名古屋市の医師・山口悟氏主催の無料イベントで、抽選のすえ約100人が集まった。
    40、50代男性が中心だが、女性も3割ほどいる。そして元マネージャーやコンサートの舞台監督なども駆けつけた。

    冒頭に名前が出た女優の生田智子さん(サッカーのゴン中山夫人)は、1985年のTVドラマ「禁じられたマリコ」での共演を機に仲良くなった当時の親友である。
    この日、内容には触れなかったものの、自殺前夜に電話があったことを明かした。

    会は、そのドラマでの思い出や在りし日の岡田の姿など、思い出を懐かしみ、慈しみながら進んでいったが、ファンも驚きの「お宝」が二つ用意されていた。

    最初で最後の公開

    一つは、岡田の履いた練習用シューズだ。藤色のほっそりした靴が初公開された。そしてもう一つが、これも初公開、コンサートのリハーサルでの歌声だった。

    「85年の夏のツアーに先立って、所属するサンミュージックの本社5階のリハーサルスタジオで収録されたものです」

    と語るのは、先の山口氏。「Summer Beach」「彼はハリケーン」「恋人たちのカレンダー」「16BEAT」「Sweet Planet」など、たっぷり7曲がかかった。
    曲が始まると、思わず涙ぐむ女性、目を閉じ深く聞き入る男性――しばし三十数年の年月が消え去ったのだった。

    そして最後は、岡田がコンサートのアンコールで歌う「Believe In You」に合わせて全員が大合唱。ここでも感極まって涙する人の姿があった。
    催しは深い感動のうちに終えたのだが、

    「これが最後です。一つには、出す材料がなくなったこと。また、死者で商売をするなとか、売名行為だというネットの批判もこたえた。
    私はこれでお金をいただいているわけではありません。個人のお金でやっている。でもそれも限界に近づきました。
    昨年、ユッコ(岡田)は三十三回忌を迎えました。弔い上げが終わり、それも一つのきっかけになりました」(同)

    ラジオ番組の方でも、今後は同時代のアイドルに広げていくことを模索している。
    ただ、岡田の未公開音源はまだあるのだと言う。

    「一部は前回の会で流しましたが、コンサートの音源が4本あり、合計で約6時間、カセットに残っています。
    またリハーサル音源は今回流したものの元のテープが2時間ほどある」

    もっともそれらを世に出すのは、権利関係から難しいらしい。今回もクローズドで営利目的でないファンミーティングだから流せたというわけなのだ。

    「だから、あの歌声がもう世に出ることは絶対ない。本当は誰かがあとを引き継いで活動を続けてほしいと思っていますけども」

    山口氏は寂しげにそう語るのだった。

    「週刊新潮」2019年9月5日号 掲載

    新潮社

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190912-00580945-shincho-ent
    9/12(木) 5:58配信


    【【芸能】岡田有希子「最後のファンミーティング」で流された「未公開テープ」に涙が止まらない】の続きを読む



    (出典 img.sirabee.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/15(日) 08:47:29.40 ID:BSvhtr3D9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    フリーアナウンサーの岡副麻希(27歳)が、9月13日に自身のInstagramを更新。背中を反らせてストレッチをしている写真を投稿した。

    岡副は「低気圧に負けずにえいえいおーっ」とつづり、壁に手をついて、しなやかに背中を反らせ、胸椎の柔軟性を高めるストレッチを披露。

    岡副はハッシュタグで、背中の骨の音を鳴らすクセがあるとも書いており、このストレッチがお気に入りのようだ。

    ネットでは「やわらか!」「きれいな曲線美」「ネコみたい!」「今度背中の骨の音を聞かせて!」といった声が上がっている。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17084985/
    2019年9月15日 8時13分 ナリナリドットコム


    【【芸能】岡副麻希の軟体ぶりに「ネコみたい!」の声】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/14(土) 22:29:52.23 ID:SVUIOtQc9.net

    モデルの水原希子が9月9日に自身のインスタグラムアカウントを更新し、和室での“M字開脚”画像を掲載している。

    水原はこの日、計7枚の写真をアップし、それらは畳や日本画、襖などを背景に撮影され、日本文化のイメージをコンセプトにされたものとなったが、最後に掲載した過激な大股開きの写真は“下品”だとして物議を醸す事態となった。

    そこには、白の毛皮コートのようなものを羽織ったアンダーウェア姿の水原が茶色の木机に尻餅をつき、画面向かって右方向へ大胆に“M字開脚”ポーズをする様子が収められている。
    艶オーラ満点のこの写真には17万近い“イイね”が押され、男性ファンからも「正面から見たい」「素早く右側にまわりたい」と開脚ポーズへの喝采コメントが付されたが、
    同時に決して行儀の良い振る舞いとは言えないネガティブな意味での“和との融合”に憤りを示す声もある。

    「これまでにも土足で公園のベンチに立った画像を掲載するなど、インスタグラムではたびたび非難を浴びてきた水原ですが、
    今回のように和室をモチーフとした場所で肌見せ度合いの高い格好をし、さらに机の上にM字で座り込むという行為には『まじで下品!』『本当に気持ち悪い』
    『小さい頃テーブルの上に登ってはダメだと注意されなかった?』『炎上狙いだよねいつも』『日本を汚すな』『不快極まりない』など、ひんしゅくを買っています。
    最近ではモデルのキム・カーダシアンも日本文化の象徴である着物からインスパイアされた過激な補正アンダーウェアをデザインし、日本への冒涜だとして大きな問題となりました。
    今回の水原の写真は海外雑誌『INDIE Magazine』に掲載されるもののようですが、この写真からは日本文化へのリスペクトを感じ取ることは困難と言わざるを得ないでしょう」(テレビ誌ライター)

    もちろん水原からすれば、カメラマンや制作サイドから指示されたポージングだったのかもしれないが、机の上に大股開きで座り込む画はやはり少なくない反発をもたらすものだと認識する必要があっただろう。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17082974/
    2019年9月14日 18時14分 アサジョ


    【【芸能】日本を汚すな!?水原希子、和室で大胆“M字開脚”に集まった大ヒンシュク】の続きを読む



    (出典 jp.owndays.com)



    1 アンドロメダ ★ :2019/09/15(日) 17:31:44.56 ID:/tjIfrKy9.net

    「乙武義足プロジェクト」が進行している。
    膝がない、腕がない、歩いた経験がない――乙武洋匡氏はそんな身体の「三重苦」と闘いながら、歩行練習に励んでいる。

    義手が完成すると、乙武氏はその400グラムの重さに思った以上に苦しんだ。
    「みぞおちで歩く」というアドバイスと気合でそのハードルを越えたが、そこにはまた新しいハードルが待ち受けていた――。
    乙武氏がリポートする。

    ▽350グラムずつ軽くなった!

    6月25日。
    義足の軽量化が本格化した。

    第一弾は太ももを包み込むソケット部分だった。
    沖野氏がスーツケースに入れて運び込んだ新しいソケットにはさまざまな修正が施されていた。

    太ももがひと回り大きくなったのに合わせてソケットの形が調整された。
    さらには足の付け根の骨があたる部分の修正も行った。

    そして素材がプラスチックからカーボンに変わったことで、片足につき、およそ350グラム軽くなったのがいちばんの変化だ。
    また、膝と足先をつなぐスチール製パイプのアライメント(位置関係)が調整され、パイプの位置が5ミリ前方に改められた。
    このほうが体重を乗せやすいだろうという沖野氏の判断だった。

    「変化、感じますか」

    沖野氏にそう言われ、新しい義足で立ってみる。
    ソケットはいままでよりもキツい気がしたが、慣れてくれば足の動きがより伝わるだろうと思えた。

    アライメントの調整についても、体重を乗せる位置がピタッと決まる感じがした。
    ただ、重量の変化は足先のほうが感じやすいようで、ソケットの軽量化はあまり感じられなかった。

    7月2日。

    この日は足首から下の「足部」と呼ばれる部分の軽量化が行われた。
    これまで私は今仙技術研究所の「J-Foot」というタイプを使っていたそうなのだが、沖野氏はその軽量版である「J-Footライト」とオットーボック社(ドイツ)の「トライアス」を用意してくれた。

    ソケットと違い、やはり足先の重量は敏感に感じとれるようで、どちらも従来の「J-Foot」に比べると、かなり軽く感じた。
    だが、ドイツ製はかなりしなやかな作りで、これまで日本製の硬さに慣れていた私にとっては、踏み込んだときの沼に沈んでいくような感覚が苦手で、結局これまでの軽量版である「J-Footライト」を選択した。 

    片足550グラムから500グラムへ。
    わずか50グラム軽くなっただけだが、太もも部分を包むソケットが350グラムより減ったときよりも、足先が50グラム減るほうが、ぐっと歩きやすくなることを実感した。

    だが、このころの私はひそかにストレスを溜め込んでいた。
    義手をつけてバランスを崩し、翌週になんとか感覚を取り戻し、その翌週にソケットが交換され、また感覚の違いに戸惑うことになり、その翌週に今度は足部が交換され――といったように、毎週のように新しいことが試されていた。

    わずか400グラムの義手がついただけでバランスを失ってしまうほど、微妙な感覚のズレは致命的になる。
    毎回新しいことを試しては、身体をそれに対応させていく。
    これは言葉で表すよりも、かなりの負担を強いられる作業だった。

    ▽続きは下記のソースでご覧ください

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190915-00067137-gendaibiz-life

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190915-00067137-gendaibiz-life.view-000
    https://rdsig.yahoo.co.jp/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTkwOTE1LTAwMDY3MTM3LWdlbmRhaWJpei1saWZlLnZpZXctMDAx;_ylt=A2RhPbAb9n1dNx0ACzQoPv17


    【【芸能】乙武洋匡さん、大地に立つ 遂に手足が生える(写真あり)】の続きを読む



    (出典 siam-information.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/15(日) 07:47:08.41 ID:BSvhtr3D9.net

    「この展示会で作品を紹介できるのは、全国で指折りのキルト作家ばかり。
    そこに百恵さんも名を連ねたのですから、『トップキルター』の仲間入りを果たしたと言ってもいいのでは」(手芸イベント関係者)

    東京・西武池袋本店で開催された「私の針仕事展」が9月5日、大盛況のうちに幕を閉じた。

    「第一線で活躍する30人のキルト作家が『門出』をテーマに約150作品を出展しました。
    約1週間の開催期間で終わってしまうのがもったいないくらいの大人気で、その功労者は百恵さんでした。
    彼女の作品目当てのかたも多く、『百恵さんの本を通じて、キルトが好きになった』というかたもいらっしゃったようです」(前出・手芸イベント関係者)

    7月に発売された三浦百恵さん(60才)のキルト作品集『時間の花束 Bouquet du temps』(日本ヴォーグ社)は、
    1980年発売の自叙伝『蒼い時』(集英社)以来、約40年ぶりの著作となる。
    キルト本ながら芸能界引退後の百恵さんの私生活にまつわるエピソードも出てくることから、出版前から大きな注目を浴びた。

    キルト本は初版部数8000部前後が普通だというが、『時間の花束』は異例ともいえる初版10万部からのスタート。
    出版後の反響はさらに大きく、早くも3度目の重版を重ねる“バカ売れ”状態だという。

    「現在、発行部数は20万部を超えています。作品を通して語られる生き方、ご家族、ご友人への思いが共感を呼んだ結果だと思います」(『時間の花束』担当者)

    そんな百恵さんの作品を見られたのが冒頭の展示会だった。しかし、「見逃して残念」と思っている人も、諦めるのはまだ早い。
    “全国展示会”という形で百恵さんの作品を見られるチャンスがあるようだ。

    「実は10月、12月、来年2月と続けて、東京・大阪・広島で『時間の花束』に収録された作品を展示する、出版記念特別展が開催されます。
    各会同様の20点ほどの作品を展示予定です」(日本ヴォーグ社広報担当者)

    百恵さんの話題が大きくなることで、期待が高まるのは芸能界への復帰だ。

    「これまでメディアへの露出を拒んでいた彼女が、自著を出版し、インタビューにまで応じた“変化”は大きい。
    完全な復帰ではなく一時的なテレビ出演ならあり得ない話でもないかもしれません。
    そこで注目されるのがNHK紅白歌合戦。2016年から“夢を歌おう”を4か年の通しテーマにしていて、今年の第70回が仕上げの年。
    百恵さんは令和初であり節目の紅白で、目玉として申し分ない」(NHK関係者)

    今年、60才を迎えた百恵さん。紅白出場はちょうど40年前。
    さまざまな節目が重なる大晦日に奇跡は起こるか。

    ※女性セブン2019年9月26日・10月3日号

    https://news.livedoor.com/article/detail/17084823/
    2019年9月15日 7時0分 NEWSポストセブン


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 Youtube)

    秋桜 山口百恵 コスモス


    【【芸能】キルト作品集バカ売れ三浦百恵さん、40年ぶり紅白可能性は】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/15(日) 12:03:36.47 ID:Vn1w4RaJ9.net

    『男はつらいよ』シリーズ22年ぶりの新作となる山田洋次監督の映画『男はつらいよ お帰り寅さん』の予告編が9月9日に公開された。


    (出典 Youtube)


    同作では4Kデジタル修復された過去の作品の映像を使い、吉岡秀隆演じる満男や前田吟演じる博らの現在の様子が描かれる。また、泉役の後藤久美子が23年ぶりに女優に復帰したことも話題になっている。

    昨年10月に行われた同作の製作発表会見で、後藤は「ジュネーブの自宅に山田監督からお手紙が届きまして、引き受ける引き受けないと私が考慮する権利すらないのではないかと思いまして。
    山田監督から呼び出されたら『はい!』と一つ返事で行くんです。そう思いました」とコメント。映画への意気込みを語っていた。

    国民的美少女の現在にかつてのファンは…
    久しぶりに公に顔を出した後藤だったが、このとき、ネット上では冷ややかな反応が多く寄せられた。

    《何だかやつれてない? 昔のイメージと違う》
    《相当苦労している顔つきだわ。アレジとうまくいってないのか》
    《二つ返事を一つ返事とか、何だかコメントもぎこちないな》
    《若かりしころの美貌も随分と劣化したね。本人が自覚していないことが恥ずかしい》
    《ゴクミの美貌も永遠ではなかったな。正直、見たくなかった》

    など、やつれた様子を心配するとともに、容姿の劣化を指摘する声が広がった。

    「会見では、どこか疲れた様子がうかがえましたね。後藤も今年で45歳になりました。一般人からすれば相当な美魔女ですが、かつての美少女ぶりを知っているファンから見れば、かなり劣化したように感じたのかもしれません。

    現在はスイスのジュネーブにある歴史的な城を改築して住むなど、悠々自適の生活を送っているように見えますが、人知れず苦労があるのかもしれませんね」(芸能記者)

    後藤には、元F-1レーサーのジャン・アレジとの娘・エレナ・アレジ後藤を、自身が所属するオスカープロモーションに所属させたことから〝親バカ〟ぶりを非難する声も上がっていた。

    「一昨年の10月、母親の計らいで、鳴り物入りで華々しくデビューしたエレナですが、その後、目立った活動は何一つありません。
    後藤は社会勉強の意味で日本に行かせたようで、そもそもエレナ自身が必死に仕事をするという気持ちすらないようです。
    事務所にとっては後藤の頼みを断れず〝お預かりしています〟といったテイでしょう。
    もっとも、アレジの総資産は400億円以上ともいわれていますから、映画やドラマに多額の出資も期待できます。ムゲにすることもできないというわけです」(同・記者)

    今やすっかりオーラが薄れてしまった後藤だが、果たして映画の中ではどんな輝きを見せてくれるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/2004918/?page=2
    2019.09.15 07:32 まいじつ


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.allnightnippon.com)


    (出典 shinyu-clinic.com)


    (出典 image.entertainment-topics.jp)



    (出典 Youtube)

    後藤久美子 teardrop

    前スレ 2019/09/15(日) 08:43
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1568504633/


    【【芸能】後藤久美子“23年ぶり復帰”に「劣化し過ぎ」「正直見たくなかった」の声 ★2】の続きを読む



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)



    1 フォーエバー ★ :2019/09/15(日) 08:48:16.31 ID:irAKFU3f9.net

    「何度も泣きの演技をするうちに、我慢して我慢して、それでも流れちゃうのが涙なんだと気づいた」と語る山下真司さん

    9月20日から開催される「ラグビーワールドカップ2019日本大会」。その熱い波に乗るかのように、1984年から85年にかけて放送された青春ラグビードラマの金字塔『スクール☆ウォーズ』がDVD-BOXとなって帰ってくる。

    これは、京都市立伏見工業高等学校ラグビー部の監督で、元日本代表の山口良治(よしはる)氏をモデルにした滝沢賢治(山下真司)とその生徒の物語だ。滝沢が"泣き虫先生"という強烈なキャラクターで生徒とガ*する姿に誰もが心を動かされた。

    今回はあの唯一無二の泣き虫先生、滝沢賢治役の山下真司さんに、ドラマ撮影時の思い出話からラグビーの魅力まで熱く語ってもらった。

    * * *

    ――早速ですが、山下さんが『スクール☆ウォーズ』撮影前はラグビー未経験だったことには驚きでした。

    山下真司(以下、山下) はい、未経験でした。スポーツは好きで長いことバレーボールをしていたけど、同じ球技でもかけ離れているでしょう。だから「これは大変な撮影になるだろうな」とビビりましたよ。でも、自分にとって初の主役だったし絶対に良いものにしようと、骨折出血も覚悟して挑みました。

    ――『ヒーロー』が流れるオープニング映像でラグビーボールを蹴る様は、初心者とは思えませんでした。

    山下 あんな楕円のボールなんて蹴ったこともなかった。でも覚悟は決めてたし、すっごい集中して10数回蹴ったうちの2、3回が成功したかなあ。まぐれですよ。

    ――未経験ってことで色々と勉強されたと思いますが、どんなことを?

    山下 まず明治大学のラグビー部の試合の様子をビデオで見させていただき、「どうしたらあんな目になるんだ」と生徒たちの戦士のような眼差しに胸を撃ち抜かれました。

    そして練習風景も見学に行かせていただいて、実際に教わったり話を聞きましたね。当時お会いした明治大学の学生が、いまや"釜石シーウェイ*"(岩手県釜石市が拠点のラグビークラブ)の監督になっていたりして、みんな成長したなあと。

    9/15(日) 6:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190915-01097260-playboyz-ent&p=1

    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】「お前ら悔しくないのか?」あの涙は全てガチだった! 山下真司『スクール☆ウォーズ』時代を語る】の続きを読む



    (出典 news.matomemato.me)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/15(日) 06:54:28.54 ID:BSvhtr3D9.net

    俳優の市原隼人(32)が車を運転中、東京都世田谷区で前の車に追突する事故を起こしたことを11日、一部メディアが報じた。

    報道によると、事故があったのは今月7日正午すぎ、世田谷区羽根木の環状7号線外回りで、市原が運転する車が、渋滞で停止していた車に追突。
    追突された車は、事故のはずみでさらに前の車にも追突。

    市原にケガはなかったが、追突された2台の車を運転していたいずれも20代の男性が、首の痛みを訴えており軽傷。
    警視庁は、市原の前方不注意とみて調べているという。

    「市原が運転中に事故を起こしたのは今回が初めてではない。2007年3月には市原が運転する乗用車と直進してきた乗用車が衝突。
    また、09年11月には都内で追突事故を起こし、ブログに『車の運転は極力避けようと思います』とつづっていたが、結局、運転はやめられなかったようだ」(芸能記者)

    3度の事故のうち2度までが追突。そこで浮上してきたのがある疑惑だというのだ。

    「見た目が好戦的なのに、車に乗るとさらに荒い性格になるようで、チンタラ走っている車はガマンできないようだ。
    前を走っている車からすれば、まるであおり運転をされたかのような恐怖感を感じているのでは」(テレビ局関係者)

    法整備が検討されているあおり運転だが、今後の仕事のことを真剣に考えるなら、市原はハンドルを握るのをやめた方がよさそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2002375/
    2019.09.12 20:50 週刊実話


    【【芸能】またまた事故を起こし“あおり運転疑惑”が浮上した市原隼人】の続きを読む

    このページのトップヘ