それな!芸能ニュース

それな!芸能ニュースは2chまとめブログです。



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/11(木) 07:24:24.81 ID:OYp9N/gT9.net

    一代で芸能界に“帝国”を築き上げたジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川さんが9日に死去した。
    気になる後継者については、早々と、ジャニー氏の姉で“ジャニーズの女帝”とも呼ばれるメリー喜多川副社長が、自身の娘である藤島ジュリー景子氏を任命。淡々と今後は“禅譲”に向けた手続きが行われると思われる。

    「メリー氏は92歳と高齢なので、表に出るのはかなりキツイはず。身内や所属タレントのみの家族葬、そして、今後行われるお別れ会はジュリー氏が前面に出て仕切ることになると思われる」(テレビ局関係者)

    そこで気になるのが、ジュリー氏と、ジャニー氏の意向を受け継いで新会社の社長となり、ジャニーズJr.を積極的に売り出しているタッキーこと滝沢秀明氏との関係だ。

    「ジュリー氏が社長に就任したところで、結局、メリー氏の目の黒いうちは“院政”を敷く形になりそう。
    しかし、メリー氏もジュリー氏もすでにデビューしたグループで稼ぐことしか考えていないので、Jr.の売り出しに全く興味なし。
    今のところ、滝沢氏が売り出しプランを2人に相談していますが、ジャニーさんという後ろ盾を失ってしまっては、滝沢氏の意見はことごとく却下されてしまいそう」(レコード会社関係者)

    そうなってしまっては、滝沢氏の立場はすっかり*んでしまうが、そうなった場合には、“革命”を起こしそうだというのだ。

    「おそらく、滝沢氏がJr.たちを引き連れて独立するのでは、と言われています。
    となると、ジャニーズは圧力を掛けるでしょうが、滝沢氏には芸能界以外に強力な後ろ盾があるので、逆にメディアに対して圧力をかけられる立場。
    ジャニーさんを失ったジャニーズと十分に戦えそうです」(週刊誌記者)

    滝沢氏のソロ曲「愛・革命」に、強力な後ろ盾のヒントがあるようだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16754684/
    2019年7月10日 22時0分 リアルライブ


    【【芸能】次期社長VSタッキー、ジャニー喜多川さんの死去で始まる壮絶バトル】の続きを読む



    (出典 cdn.buzz-plus.com)



    1 湛然 ★ :2019/07/13(土) 05:15:14.60 ID:XDZWVQZo9.net

    2019/07/13

    26歳の誕生日を迎えました。いえい!

    感慨深いなあ。現場でも、どんどん同じ年の方や年下の方とお仕事することが増えました。その度にびっくりしている私です。今までは自分が一番年下でぺーぺーなんだと思ってきましたが、これからはそうはいかないのだと痛感しています。

    (中略)

    これからも、応援してくれる皆さんに楽しんでもらえる、それをガンガン表現していける楽しい奴になっていこうと思います。色んなことがやりたくて、色んな可能性が見えてきて、うずうずしてます。なんか、26歳の、のんも楽しそうじゃないか?うん、楽しそうだ。皆様、是非お見逃しなく着いてきてほしく思います。

    やまないピーポーの皆、一緒に楽しもうぜ。



    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    https://lineblog.me/non_official/archives/13229885.html


    【【芸能】のん、26歳を迎えてファンにあいさつ「色んな可能性が見えてきて、うずうずしてます」「一緒に楽しもうぜ!」】の続きを読む



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/13(土) 21:00:31.34 ID:+viSK6hz9.net

    モデルのエビちゃんこと蛯原友里が、10月3日に40歳を迎えるのを記念し、同1日に小学館と集英社からフォトブックを2冊同時に発売されることを、各スポーツ紙が報じている。

    蛯原は「CanCam」(小学館)の専属モデル時代に大ブレーク。現在も「Marisol」(集英社刊)のカバーモデルとして活躍している。
    各紙によると、両社は出版社の枠組みを超えて史上初の女性誌タッグを組み、蛯原の節目を祝福するという。

    小学館から出版されるのは、「YURI EBIHARA2003-2019(仮題)」。「CanCam」、「AneCan」、「Domani」に掲載された写真の中から、
    「みんなが好きな、みんなが選んだエビちゃん」をテーマに、ファンからのアンケートで選んだ200点以上の写真を掲載する予定。

    集英社から出版されるのは、「蛯原友里フォト&スタイルブック(タイトル未定)」。全編を南仏で撮り下ろした写真とともに、美しさの秘けつや、愛する家族について聞いたロングインタビューも収録されるという。

    「やはり全盛期は『CanCam』のモデル時代。同誌の部数を大きく伸ばし、蛯原を起用した商品はことごとく売れる“エビ売れ”という現象を巻き起こしたことでも話題になった。
    しかし、蛯原がモデルを卒業すると同誌の部数は徐々に減少。蛯原は当時かなりの影響力を持っていた」(出版業界関係者)

    今や1児のママとなり、昨年4月には独立して個人事務所を設立。そんな中、節目に2冊合わせて6000円ほどのフォトブックを発売するのだが…。

    「蛯原がブレークした背景には所属事務所の大々的なバックアップがあったからだが、今やそれもないし、かつての勢いもないので“エビ売れ”は期待できない。厳しい現実が本人に突き付けられるのでは」(同)

    もし、売れ行きが良ければ再ブレークのきっかけになりそうだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16769592/
    2019年7月13日 19時0分 リアルライブ


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【芸能】もう“エビ売れ”は期待できない?蛯原友里が絶大な人気を誇っていた理由】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/13(土) 20:57:28.97 ID:+viSK6hz9.net

    吉本興業は13日、公式サイトを更新し、“闇営業”で謹慎処分を受けた13人が受領した金額を公表した。
    「雨上がり決死隊」の宮迫博之が100万円、「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮が50万円などで、既に全員が税務申告を修正したことも報告した。
    同社は12日付で、NPO法人「消費者スマイル基金」「消費者機構日本」に150万円ずつ、計300万円を寄付。
    宮迫、亮も公益社団法人「全国被害者支援ネットワーク」に寄付を行ったことも発表した。

    2014年12月、振り込め詐欺グループの忘年会に参加した「ガリットチュウ」福島善成らの“ギャラ”は3万円だった。
    宮迫に関しては、騒動のきっかけとなった6月7日発売の写真週刊誌「FRIDAY」の報道の時点で、100万円を受け取ったと指摘されていた。
    宮迫自身は「ギャラは100万円」という同誌の直撃取材に「ないない!そんなカネはもらってへんよ」と否定していた。

    【以下、闇営業で各タレントが受領した金額一覧】

    宮迫博之  1,000,000円

    田村亮  500,000円

    HG(レイザーラモン)  100,000円

    福島善成  30,000円

    ディエゴ(ストロベビー)  30,000円

    木村卓寛(天津)  30,000円

    ムーディ勝山  30,000円

    くまだまさし  30,000円

    パンチ浜崎(ザ・パンチ)  30,000円

    八十島宏之(2700)  30,000円

    常道裕史(2700)  30,000円

    真栄田賢(スリムクラブ)  75,000円

    内間政成(スリムクラブ)  75,000円

    八十島宏之(2700)  50,000円

    常道裕史(2700)  50,000円

    https://news.livedoor.com/article/detail/16769934/
    2019年7月13日 20時34分 デイリースポーツ


    【【芸能】宮迫100万、田村亮50万、ガリチュウ福島3万…【闇営業ギャラ金額一覧】】の続きを読む



    (出典 news.nifty.com)



    1 幻の右 ★ :2019/07/13(土) 21:48:22.19 ID:xfSE3U+R9.net

    吉本興業は13日、所属芸人13人が会社を通さない「闇営業」で特殊詐欺グループや暴力団幹部らの宴会で受け取った金額を公表し、それぞれが12日までに税務修正申告を終えたと発表した。吉本は謝罪の一環として、NPO法人消費者スマイル基金、NPO法人消費者機構日本にそれぞれ150万円を12日付で寄付。宮迫さんと田村さんも、公益社団法人全国被害者支援ネットワークにそれぞれ寄付をしたという。


     ヒアリングの結果などから、芸人らが受け取ったと吉本興業が認定した金額は以下の通り。

    ・宮迫博之(雨上がり決死隊) 100万円

    ・田村亮(ロンドンブーツ1号2号) 50万円

    ・レイザーラモンHG 10万円

    ・福島善成(ガリットチュウ) 3万円

    ・ディエゴ(ストロベビー) 3万円

    ・木村卓寛(天津) 3万円


    ・ムーディ勝山 3万円

    ・くまだまさし 3万円

    ・パンチ浜崎(ザ・パンチ) 3万円

    ・真栄田賢(スリムクラブ) 7万5千円

    ・内間政成(スリムクラブ) 7万5千円

    ・八十島宏行(2700) 計8万円(2回分)

    ・常道裕史(2700) 計8万円(2回分)

    https://www.asahi.com/articles/ASM7F63DDM7FUCLV008.html

    ★1: 2019/07/13(土) 05:54:02.23

    ※前スレ
    【芸能】宮迫さん、詐欺集団の宴会で100万円 吉本闇営業問題 ★8
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1563004177/


    【【芸能】宮迫さん、詐欺集団の宴会で100万円 吉本闇営業問題】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/09(火) 22:31:09.53 ID:+CIaJeOx9.net

    グラビアアイドルの倉持由香(27歳)が7月9日、自身のTwitterで、タワーマンションを購入したことを報告している。

    倉持はこの日、「ついにタワマンを購入しました~~!!!」とのコメントと共に、新居の写真や、住宅ローン“フラット35”の書類の写真を投稿。
    そして「書類集めに走ったりめちゃくちゃ大変だったけど無事審査が通ってほんとよかったです *気でローン返していくぞ~~!!!!!」と決意をつづった。

    そして引っ越し中の写真も投稿し、「やっと引っ越しの段ボールも片付いて、ゲームグッズたちも飾れました!お手伝いしてくれた尻部屋の民たち、
    そしてたかくら引越センターさん、ほんとにありがとうございました……!!!!!!!!」などとつづっている。

    なお、タワーマンション購入の顛末・詳細は、BLOGOSにて「『買いま……す!』倉持由香がタワーマンションをついに購入!27歳でオーナーに」が公開中。倉持自身が語っている。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16748822/
    2019年7月9日 22時3分 ナリナリドットコム


    【【芸能】倉持由香がタワマン購入、ローン返済「死ぬ気で」】の続きを読む



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)



    1 Egg ★ :2019/07/13(土) 09:30:23.63 ID:5Zqla3qH9.net

    タレントの熊田曜子が、7月8日に自身のインスタグラムを更新。6歳の娘からもらったという手紙を公開したところ、その内容にネット上では「やっぱり…」と不安が的中したとの声が続出している。

    熊田は《長女からのお手紙が泣ける》というコメントとともに、6歳の長女から手書きの手紙をもらったことを明かした。その内容とは、《まま いつもはたらかしてごめんね おてつだいするね》という、何とも〝切なさ〟が伝わるもの。3人の子どもを育てながら、現役のグラビアタレントとして仕事をこなす多忙な母を、長女はねぎらったのだろう。しかし、熊田はこの手紙を受けて、《夕食も3歳の妹と一緒にお皿を並べたり ご飯やおかずをよそったり 足りないものをキッチンへ取りに行ったり たくさんお手伝いしてくれて とっても助かったよ》と、今でも十分手伝ってくれていることに感謝し、《ママもたくさん働きます》と勇気付けられたようだ。

    この投稿に、ファンからは、

    《コレは涙しちゃいますね》
    《子供って意外にちゃんと親のこと見てるんですね》
    《こんなお手紙もらったら泣いちゃうよ》

    などと共感を呼び、あらためて熊田へエールを送るコメントが多く寄せられた。

    ・娘「ワイらを食わすためオカンは*んのや(涙)」

    しかし、ネット掲示板では《はたらかしてごめんね》という文言に、「熊田が〝イヤイヤ仕事をしている〟と娘は思っているのではないか」と指摘する声が。特に、グラビアで〝脱ぐ〟仕事をしている母の姿は、子どもから見たら相当ショッキングなものではないかとして、

    《お母さんが、自分たち子供のために水着でウッフンしてると思ったら申し訳なく感じるかもね》
    《やっぱり子供は親の色気ムンムンの画像なんて見たくないんだよ》
    《いやいや、ママは恥ずかしい姿で写真撮られるお仕事が大好きなのよ》
    《はたらかせてごめんねと子供に言わせる状況って何かやばくない?》
    《多分ね、私だって好きで働いてるわけじゃない! (泣)とか言ってるんじゃないかと思う》

    などと、娘のメンタル面を心配する声が続出した。

    「熊田さんは近ごろ、自身が作った料理を夫が食べないと愚痴をこぼしたことで〝離婚危機〟が囁かれるようになりました。もしシングルマザーになった場合、熊田さんはグラビアタレントの仕事をするしかありませんし、子どもへの影響も相当なものだと考えられます。6歳といえば、公共機関のルールなどを理解し始めるなど社会性が身に付きだす年齢です。お母さんが裸同然の姿で写真をたくさん撮られていたら、何か思うことはあるでしょう」(育児コラムニスト)

    〝生涯現役〟を誓う熊田だが、娘からストップ信号が発せられた際には、考えを改めるべきなのかもしれない。

    2019.07.13 07:30 まいじつ
    https://myjitsu.jp/archives/88752

    写真
    (出典 myjitsu.jp)


    【【芸能】<熊田曜子>脱ぎ仕事に子供が「ごめんね」 悲痛な手紙に心配の声「やっぱり子供は親の色気ムンムンの画像なんて見たくない」】の続きを読む



    (出典 iwiz-blog-cms.c.yimg.jp)



    1 Egg ★ :2019/07/13(土) 09:21:40.77 ID:5Zqla3qH9.net


    (出典 myjitsu.jp)


    〝視聴率惨敗女優〟の吉岡里帆が、テレビ朝日の刑事ドラマシリーズ『時効警察』に出演することが決まった。同ドラマは2006年1月クールの金曜ナイトドラマ枠で放送され、翌年4月クールに第2作『帰ってきた時効警察』として放送。脱力系コメディーミステリーとして人気を博し、今回、満を持して12年ぶりの復活となる。

    「主人公の〝時効管理課〟警察官・霧山修一朗を演じるのはオダギリジョー。助手の三日月しずか役は麻生久美子が引き続き続投しますが、厳しい評価が聞かれるのは、やはり吉岡の抜擢について。彼女の〝3連敗〟は確定だともっぱらです」(テレビ誌ライター)

    吉岡は昨年、『きみが心に棲みついた』(TBS系)、『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ)に連続主演。どちらも全10話で、前者が平均視聴率7.7%、後者が5.8%と大惨敗を喫している。

    「今回は主演ではありませんが、なぜ、彼女を起用するのかが不思議。正直、使う側が何らかの〝下心〟があって起用したとしか思えない。10話ドラマの主演で2回続けて一桁の女優を、わざわざ〝目玉〟的に抜擢するなんて常識では考えられない。少なくとも、何か怪しい意図があるのでしょう」(同・ライター)

    ・グラビアでブレークしたのに…

    吉岡といえば、グラドルというイメージがいまだに強い。実際、ロリ顔の爆乳Eカップギャルとして、週刊誌のグラビアを何度も飾ってきた。

    「ギリギリ極小ビキニで人気を上げてきた過去があるのです。その後、女優として出始めると、インタビューで『水着姿なんて絶対、出したくなかった……』などと、グラドルを見下すような発言をしている。では、なぜ極小水着でグラビアをやってきたのか、説明してほしいものです。イヤならやめればよかっただけの話」(アイドル雑誌編集者)

    例えば〝深キョン〟こと深田恭子は、現役バリバリのグラビア系。いまだにB87の豊乳水着で人気をキープし続けている。

    「吉岡クラスが〝本当はやりたくなかった〟など、おこがましいでしょう。それを言えるほどの大物女優ではありません。最近は女子アナも脱ぐ時代だし、それを否定する発言は冒涜に等しい」(同・編集者)

    『時効警察』第1作は平均視聴率10.1%、第2作は12.0%と高視聴率をマークした優良コンテンツ。もし今回10%割れを起こせば、当然〝吉岡のせい〟ということになりかねない。ここはしっかりと〝発言〟を反省し、セクシーシーンも積極的に取り入れてガンバってほしいものだ

    2019.07.13 07:31 まいじつ
    https://myjitsu.jp/archives/88846


    【【芸能】<吉岡里帆>『禁断のセクシー』解禁!?視聴率惨敗女優の汚名返上へ「ギリギリ極小ビキニで人気を上げてきた過去が」】の続きを読む

    このページのトップヘ