それな!芸能ニュース

それな!芸能ニュースは2chまとめブログです。

    2019年05月



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 ひかり ★ :2019/05/31(金) 15:16:42.09 ID:qS18+yii9.net

     女優の橋本愛(23)が31日、都内のNHKで行われたBSプレミアムドラマ「長閑の庭」(6月2日スタート、毎週日曜後10:00 全4回)試写会に出席。
    橋本は、41歳年上の大学教授に恋をする23歳の大学院生を演じたが、自身の恋愛観について「恋愛において年齢は一切関係ないものと思っている。
    正直40、50歳だろうが大した差異はない」と持論を語った。

     橋本が演じる元子は、真面目な性格から周囲に溶け込むことができず劣等感を抱えている学生だが、田中扮する榊教授に「きみの日本語は美しい」と
    褒められるところから自分の恋心に気付いていく。橋本は「年齢差というより、榊教授の重ねてきた時間や経験がなかったら元子は彼に恋をしなかった。
    若くて経験が浅い人では彼女の深いトラウマは救えなかった」と説明した。

     相手役となる田中に関しては、「個人的にコンテンポラリーダンスを見るのが好きで、田中さんが踊っている映像も見ていた。現場に入る前から田中泯さんなら
    大丈夫だって思っていた」といい、「かっこいい大人だなと思っていたので、その気持ちが元子の感情の通路になってくれた。そこに異物が入ることもなく、
    それが全4話の4時間を乗り切るのに本当に助かった」と感謝していた。

     劇中にはドイツ語でしゃべるシーンもあるが、ドイツ文学の権威と呼ばれている大学教授を演じた田中は「昔、通っていた学校で、第二言語の選択をドイツ語にしていた。
    でもすっかり忘れていて結構苦労した」と苦笑い。橋本も「元子を演じる上で考えることが多くてドイツ語の勉強は当日の朝になってしまった。出たとこ勝負というか、
    準備していないのに現場に入る恐怖と、やるしかないという気合で乗り切った。なのでOKと言われた瞬間、倒れました。終わった~と思って」と安堵したことを振り返った。

    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/31/kiji/20190531s00041000232000c.html
    NHKで行われたドラマ「長閑の庭」試写会に出席した橋本愛

    (出典 www.sponichi.co.jp)

    NHKプレミアムドラマ『長閑の庭』の会見に出席した(左から)橋本愛、田中泯

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】橋本愛、恋愛に年齢は「一切関係ない」 持論を語る】の続きを読む



    (出典 yudainews.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/31(金) 19:00:56.74 ID:QGlf6Oyw9.net

    元KAT-TUNメンバーの田口淳之介容疑者(33)と、内縁関係にある女優の小嶺麗奈容疑者(38)が、*取締法違反(所持)容疑で、5月22日に現行犯逮捕された。

    5月30日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、小嶺が15年以上前から*に手を出していたと報じている。小嶺は当時、西麻布にあった喫煙器具を取り扱うショップの常連で、1人で来店すると、「グラインダー」と呼ばれる、*を砕く器具を購入していたという。

    「田口は取り調べに対し“10年ほど前から*を使い始めた”と供述していますが、*使用歴の長い小嶺に誘われて、田口も*にのめり込んでいったと考えられます。そんな小嶺ですが、取り調べに対して、“彼(田口)とはもう別れる……”と供述していると聞こえてきています」(全国紙社会部記者)

    多くのメディアでは小嶺が田口を*の道へ引き込んだというふうに報じている。ネットでも「小嶺が田口をハメた」「田口を誘惑した小嶺は最低女」といった意見が飛び交っている。

    「田口が所属していたKAT-TUNは、2006年のデビュー当時から、ジャニーズ事務所でも特に期待されていたグループでした。デビューシングルの『Real Face』は、初週売上が75.4万枚と、昨年5月にデビューしたKing&Princeの『シンデレラガール』の初週売上57.7万枚をはるかに超えていた。さらに、2009年には史上初の『東京ドーム8日間連続公演』を成功させるなど、“ポストSMAP”の呼び声も高かったんです。

    そのデビューからわずか1年後の2007年に、田口は小嶺との交際をスタートさせています。国民的アイドルになれる可能性もあった田口ですが、結局、KAT-TUNとジャニーズを辞め、逮捕までされてしまいました。

    小嶺の中に、“田口の人生を狂わせた”という負い目があり、“田口とは別れる……”と供述しているのかもしれませんね」(芸能プロ関係者)

    『文春』の記事によると、ジャニーズ事務所が小嶺の交友関係を調べたところ、六本木界隈の半グレ集団と関わりがあることが分かり、ジャニーズ事務所は田口に対して「KAT-TUNと彼女、どちらを取るんだ」と迫り、田口が小嶺を選択したことで、KAT-TUNからの脱退、ジャニーズ事務所からの退所に至ったと伝えている。

    「小嶺に関してはよからぬ噂ばかり出てきていますが、デビュー当初は本当に素直でいい子だったんです」

    そう話すのは古くからの芸能関係者。

    「1995年に放送された『3年B組金八先生』(TBS系)での、いじめっ子の優等生役で演技を評価され、その後『イグアナの娘』(テレビ朝日系)など、多くのドラマや映画に出演しています。『イグアナの娘』で共演した菅野美穂(41)とは年齢も近く、すごく仲がよかったとも聞いています。ただ、その後はなかなか芽が出なくて芸能プロダクションを転々として、その中で、悪い仲間とつるむようになっていったようです。

    一緒に薬物をやっていた2人が、また共に生活を始めたら、当時の記憶がよみがえり、再び薬物に手を染めてしまうかもしれない。自身もそうでしょうが、愛する田口に“*と手を切らせる”、という強い決意の表れとして“別れる”と言っているのかもしれませんね」(前出の芸能関係者)

    反省の色を示しているという小嶺。裁判ではどのような発言をするのかにも注目が集まる

    http://dailynewsonline.jp/article/1850966/
    2019.05.31 07:03 日刊大衆


    【【芸能】小嶺麗奈「田口淳之介とは別れる…」と供述! 大麻逮捕スクープ情報】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/05/31(金) 18:54:01.84 ID:Kcu34D0s9.net

     元女優の高樹沙耶さん(55)が31日、ツイッターを更新し、*問題に触れた。

     *解禁を訴えている高樹さんは「*に関する胡散臭さというものは、戦後*を非と決定付け国民洗脳をし続けた。是とするところは隠され続けている」と、*が悪とみなされている原因を指摘した。

    「イメージは簡単に取り除けるものでない」と、長年こびりついた印象はぬぐうのも困難とし、さらに「合法化したい人のイメージの悪さを出すことにいつも違和感を感じる」と、足を引っ張る勢力がいることにも苦言を呈した。

     例えば、*が合法化されているオランダでは、何十軒とひしめくコーヒーショップで簡単に購入することができる。*効果の「強弱」も相談でき、気軽さは米国以上だ。*=悪という印象はほとんどない。

     *目当てに欧州中から観光客が押し寄せ、オランダ市民は彼らを民泊させ、そのカネで一日中*を吸うことも珍しくない。また、アムステルダムではマリファナ博物館などで実際に生育中の*を見学することができる。

     高樹さんは「まずはテーブルに全ての真実を出すべきだ」と悪と決め付けるのではなく、メリット、デメリットを示した公平な議論をすることが必要だと訴えた。

     高樹さんは2016年に医療用*の解禁を訴えて参院選に出馬。同年秋には*所持の疑いで沖縄で逮捕された。


    2019年05月31日 14時13分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1415229/

    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)




    高樹 沙耶
    @ikuemiroku

    https://www.itmedia.co.jp/business/spv/1905/30/news023_0.html
    *に関する胡散臭さというものは、戦後*を非と決定付け国民洗脳をし続けた。
    是とするところは隠され続けている。
    イメージは簡単に取り除けるものでない。
    合法化したい人のイメージの悪さを出すことにいつも違和感を感じる。まずはテーブルに全ての真実を出すべきだ。

    https://twitter.com/ikuemiroku/status/1134282840055504896
    (deleted an unsolicited ad)


    【【芸能】高樹沙耶さん 大麻解禁へ「まずはテーブルに全ての真実を出すべき」】の続きを読む



    (出典 umaezougui.com)



    1 digitec ★ :2019/05/31(金) 13:21:07.70 ID:7RmPYDDy9.net

    浜辺美波、さんまの“求愛”に驚きの返答「さんまさんの遺伝子ほしい」

     女優の浜辺美波が、31日放送のカンテレ・フジテレビ系『金曜プレミアム さんまのまんま35年目突入SP』(後8:00~9:55)に出演する。

     初出演の浜辺を「僕の次の恋人候補です」と紹介したさんま。18歳の浜辺に終始メロメロで「結婚は無理やから、娘にしたくなったのよ。娘になったら?」というと、浜辺は「いやちょっと…でも、さんまさんの遺伝子はほしいですけどね」と驚きの返答。収録後、その真意について「つい出てしまいました。優秀な笑いの遺伝子、ほしいですよね」と明かした。

     番組への出演についても「ずっと見ていた番組でしたし、楽しかったです。台本も一切ない、というのが初めてだったので、大丈夫かなと思ったんですけど、爆笑しっぱなしで、あっという間でした。さんまさんの“引き笑い”が聞けたらいいなと思っていたので、『聞けた!』って感動しました。霜降り明星さんともご一緒させていただいて、おもしろい方ばかりの中で楽しい時間を過ごさせていただきました」とはにかみながら語った。

     同じく番組初登場で、さんまと初対面となったムロツヨシ。ムロは「子どものころから見ていた『さんまのまんま』に出られるのが嬉しくて、今日は家族を連れてきました。と言っても、4歳で両親が離婚したので、預けられた親戚なんですけど」と告白。自身が育ってきた環境や、子供のころに感じていたことなど、ともすれば“不幸な過去”と捉えられそうな身の上話を語ると、さんまは「ムロってやっぱりそうか! ゆがんだまま真っすぐ育ったんやな!」と爆笑する。

     ムロも「よかった!さんまさんと徹子さんは、この話を笑ってくれると思ってました!」と安堵した様子。収録を終えると「緊張しましたが、さんまさんにどんどん乗せていただいたので、もう甘えようと思いまして、三振覚悟のフルスイングをしました。気を遣われるかな…と思ったんですが、家族の話も笑ってもらえてうれしかったですね。『さんまさんをもっと笑わせたい!』とやりがいを感じてしまいました」との感想を漏らした。

     ムロは続けて「前日から自分で『話したいことを話していい。無難にいくなよ、全力で行け!絶対にバットを振るんだ』と自分に言い聞かせて臨みました。子供の頃から見ていたさんまさんに出会って打席に立っている43歳のムロツヨシの姿をぜひ見ていただければと思います!」と興奮気味にコメントしていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000326-oric-ent


    【【芸能】浜辺美波、さんまの“求愛”に驚きの返答「さんまさんの遺伝子ほしい」】の続きを読む



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 シャチ ★ :2019/05/31(金) 15:21:35.64 ID:zRIEsv0b9.net

     昨年8月に芸能界引退を発表した元フリーアナウンサー小林麻耶さん(39)が30日、フジテレビ系で放送された「直撃!シンソウ坂上」に出演。夫で整体師・国光吟(あきら)氏(35)同席のもと、坂上忍のインタビューに応じた。妹・麻央さん(享年34)の死後に報じられた市川海老蔵との再婚説など、週刊誌報道への怒りを涙で声を震わせたインタビューは反響を呼んでいる。放送では、自身の「引退」宣言を撤回し、メディアなどの仕事に復帰したい意欲がひしひしと伝わってきた。

     放送から一夜明けた31日、國光氏もブログを更新し、「講演やテレビの仕事をしている麻耶ちゃんを見ていて、すごく輝いていました」「仕方なく引退になってしまった時から今、元気になり大好きな仕事を再開できるようになったので、すごく嬉しく思います」とメディア復帰への思いをつづっている。

     4月に放送されたTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」にも夫婦そろって出演しており、夫婦でのテレビ出演は今回が2度目だった。

     麻耶さんは昨年7月24日に4歳下の國光氏と結婚。直後の昨年8月3日に所属事務所を辞め、「メディアの仕事」を離れるとブログで宣言。同4日にも「今日からは普通の主婦として生活します!!」、同6日には「私は、引退しました。主人も、一般の人です」と記した。

     今回の「シンソウ-」では、突然の引退宣言について「ずっと心と体がボロボロな状態で…。考えた結果、事務所を辞めるという決断しか私にはなかったんです」と説明。麻耶さん曰く、「その後、引退という報道が出たので、体調も本当に悪かったし、仕事ができる状態では絶対になかったので、『引退』も仕方がないなと思いました」ということで、当初は「事務所を辞める=引退」ではなかったとのニュアンスだった。

     引退宣言した8月6日のブログについて、麻耶さんは「我慢の限界に達した時、怒りに任せて」書いたと説明。今後については「ずっと伝えるという仕事をしてきたので、伝えていきたい、表現していきたい」と芸能界復帰への思いにじませていた。

    5/31(金) 15:15配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000075-dal-ent
     画像 小林麻耶さん

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】小林麻耶さん 夫婦TV出演で伝えたかった「引退」宣言撤回、復帰への思い】の続きを読む

    このページのトップヘ