それな!芸能ニュース

それな!芸能ニュースは2chまとめブログです。

    2019年07月



    (出典 cdn.asagei.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/31(水) 13:40:32.37 ID:GmHxR5Oi9.net

    タレントの渡辺美奈代のブログが、ネット上で批判の声を呼んでいる。

    批判のきっかけとなったのは、渡辺が29日に投稿したブログエントリー。
    その中で渡辺は、高校生の息子の部活合宿の手伝いに行ったことを報告しつつ、グラウンドの写真などを投稿していた。
    しかし、泊まり込みの手伝いだったようで、30日にも朝からブログで、「こちら・・・雲は、多いですが暑いですっ」と風景の写真などをアップし、グラウンドで撮影した自身の全身写真なども披露。
    夕方には「完走」というエントリーを投稿し、「400メートル完走?笑笑」「私も走ってみました!走る?競歩?」
    「何時間も走り続ける子供達!凄」と語り、グラウンドに座り込み、競技をしている部員たちを眺めている自身の写真もアップしていた。

    しかし、この投稿にネットからは、「泊まり込みでついていくだけでもヤバいのに一緒に走るって迷惑でしかない!」
    「グラウンドで自撮りして頻繁にブログアップして…本当に手伝ったの?」「練習の邪魔でしかない。非常識」
    「前にテレビで息子が迷惑だと言っていたのに全く届いていないな」という批判の声が殺到している。

    「実は渡辺、17年8月30日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)に、長男の矢島愛弥と出演した際、矢島の口から『高校1年生の時のサッカー合宿について来る』と明かされ、
    『合宿についていくのは、何かあった時のため。先生もいるけど女手が必要かなと思って』と反論していたものの、MCの中居正広からはドン引きされていました。
    しかし、今回の合宿で渡辺は具体的になんの手伝いをしたのかはブログには書いておらず、本当に“女手”が必要だったのかは不明。過保護ぶりに対する批判ばかりが集まる結果となりました」(芸能ライター)

    また、渡辺がグラウンドで撮影した、自身の写真がアップされたエントリーは、30日だけでも5記事。
    以前からその過保護ぶりに苦言が集まっていたこともあり、炎上してしまったようだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16857949/
    2019年7月31日 12時40分 リアルライブ


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 Youtube)

    渡辺美奈代 アマリリス


    (出典 Youtube)

    Girls on the roof / Minayo Watanabe


    【【芸能】渡辺美奈代、息子の部活合宿に泊まり込みで同行 なぜか練習にも参加で「息子の訴えが届いていない」と批判】の続きを読む



    (出典 news.mynavi.jp)



    1 ひかり ★ :2019/07/29(月) 20:46:49.10 ID:56gQ8O0V9.net

     29日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)は、闇営業問題に端を発した一連の吉本興業の騒動について特集を。
    「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が吉本退社発言をしたことに、「ナインティナイン」の岡村隆史(49)が「ワイドショー・ハイ」の状態に陥っていると紹介した。

     22日に行われた吉本の岡本社長の会見の生放送にも出演した、月曜レギュラーの「トレンディエンジェル」斎藤司(40)は、「まさに先週、タイムリーに
    居させてもらって。それこそ岡村さんがおっしゃったワイドショー・ハイにかかっていた事もありますけど」と反省した。

     会見から1週間が経過し「本当に冷静になってみたらね、ちょっと簡単ではないなってことが分かったので。そんな簡単に辞める、辞めないとかでは
    ないというのは分かった」と話し、「契約書とかいいニュースもあったし、期待しているという感じ」と今後の進展に期待していた。

     斎藤は22日の同番組で、岡本社長の会見に「回りくどい」「加藤さん辞めちゃいますよ」などと発言していた。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190729-00000130-sph-ent


    【【芸能】トレエン斎藤、吉本騒動の発言を反省「ワイドショー・ハイにかかっていた」】の続きを読む



    (出典 i.pinimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/28(日) 22:14:28.71 ID:osH+lZHn9.net

    広瀬すず(21)が生足を露出したショートパンツ姿での自撮り写真を公開した。
    NHK朝ドラ『なつぞらでヒロインを好演している広瀬が7月4日、自身のインスタグラムに突如、“筋肉エロ美脚”を披露する卑猥な露出写真をアップし、騒然となっている。

    「ショートパンツにTシャツというラフな格好で、美脚を太ももまで露わにしたスマホの自撮りエロ写真を2枚アップしたのです。
    “え、右のヒラメ筋、なんで いつから、どこで、そんなに、えーー て思ってさ、ほんと無駄な筋肉質だこと”とのコメントも添え、右のふくらはぎの通称“ヒラメ筋”に力を入れている。
    ただ、2枚とも股間を下品にガニ股状に開き、太ももを露わにしている“悩殺ポーズ写真”にも見えるため、ネット上が“エロすぎる”などの声で炎上したのです」(芸能ライター)

    広瀬といえば、若手清純派女優の代表格。しかし、約2年前からキックボクシングに取り組んだり、筋トレに励むなど“武闘派”の側面も明かし始めている。
    本誌取材班は、そんな広瀬が「筋肉美脚」だけでなく、「筋肉全裸」写真もすでにセルフ撮影済みだとの衝撃情報をキャッチした。

    「広瀬はトレーニングマニアでもあり、みるみる筋肉がついていく自身の肉体をスマホで自撮りしまくって、親しい友人に送信したり、
    プライベートのインスタ裏アカウントで公開するなどしているそうです。
    実は広瀬、すでに全裸でポーズをとった女ボディービルダー並みの“筋肉全裸”写真も複数撮影済みで、親友らに見せているそうです。
    見た人によると腹筋は6つに割れ、大胸筋が盛り上がって*化し、上腕部にも力こぶがあるそうです。
    ヘアも*に近い超薄毛で、*も少女のようなピンク色の裸身だとか」(同)

    このタイミングで写真を披露した背景には、7月から『なつぞら』が後半戦に突入したことがありそうだ。

    「朝ドラは放送期間中、スキャンダルは絶対NGですが、前半の視聴率や評判もよく、ようやくゴールが見えてきたことで広瀬も安心したのでしょう。
    もともと静岡時代のイケメンとのキスプリクラが流出した過去があるほどヤンチャなだけに、行儀のよい子を演じ続けるのに疲れてきたのだと思います。
    となると、9月で『なつぞら』が終了した直後には、強い解放感から、インスタに“筋肉全裸”写真を事故を装って公開する可能性も十分ありますよ」(芸能プロ幹部)

    朝ドラ終了まであと2か月。「なつヌード」に期待。

    http://dailynewsonline.jp/article/1942280/
    2019.07.28 21:00 週刊実話

    https://www.instagram.com/p/BzfYf2on8o2/media?size=l

    (出典 i.ytimg.com)

    https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/22/fsfighiroki*01.jpg


    【【芸能】生足“ヒラメ筋”で分かった「広瀬すず」のカ・ラ・ダの構造】の続きを読む



    (出典 hochi.news)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/30(火) 17:27:58.83 ID:nbjB0IYV9.net

    一連の“吉本騒動”で、「取締役が変わらなかったら会社を辞める」と経営陣に反旗を翻した極楽とんぼの加藤浩次(50)。

    加藤は、23日夜の大崎洋吉本興業会長(66)との会談後、「僕がこういうことを発言したことで、事が大きくなっていることは、本当におわびしたい」と「スッキリ」(日テレ系・26日放送)で発言し、一気にトーンダウン。

    加藤の“盟友”であるナイナイの岡村隆史(49)はラジオ番組で、加藤の行動を「ワイドショーハイになっていた」「吉本にいないといけない人間だ」とコメント。ダウンタウンの松本人志(55)は「加藤のほうから電話もしてくるし(マスコミが望むような)VS構造ではない」と説明。事態は収拾に向かっているように見える。
     
    しかしながら、ハリセンボンの近藤春菜(36)や平成ノブシコブシの吉村崇(39)など、加藤の言動に理解を示した芸人を前に、威勢よく振り上げた拳をへなへなと下ろした格好で、もはや“狂犬”どころか飼い犬同然。これで“加藤の乱”も終結。吉本芸人もテレビも日常を取り戻すかに見えるが、さる吉本関係者はこう話す。

    「吉本は一度でも会社にタテついた人間は絶対に許しません。しばらくは“静観”でしょうが、意趣返しの報復は非情そのもの。吉本内部では、今後、加藤が残留したとしても、徹底的にツブす、あるいは飼い*にするという動きがある」

    サブロー・シロー独立失敗劇の二の舞い

    さらに報復は加藤に同調したり、番組やツイッターで会社批判やギャラへの不服を訴えた芸人にも及ぶ可能性があるという。「芸能人はなぜ干されるのか? 芸能界独占禁止法違反」の著書もあるジャーナリストの星野陽平氏は「かつての太平サブロー・シローの『独立失敗劇』を思い出す」とこう語る。

    漫才ブームでブレークしたものの、東京進出を拒まれたことを不服として1988年4月に吉本から独立した太平サブロー・シロー。89年に東京に個人事務所を設立したが、92年に東京進出を果たした吉本サイドに“共演拒否”などの扱いを受けた結果、仕事は行き詰まり、同年にコンビ解消。独立から5年を経た93年に、サブローは島田紳助とオール巨人に連れられて吉本本社を訪れ「すんまへんでした」と同社幹部に深々と頭を下げ、完全降伏した一件だ。

    「その際、『3カ月はノーギャラ』『今後、吉本への不満を一切口にせず、独立という思想を持たない』『吉本内で独立をする動きのあるタレントがいれば、その説得役を引き受け、それを使命とする』などの7カ条を突きつけられ、約束させられたのです。今回サブローが、吉本への不満をブチまけた若手芸人に対し、“オマエごときがコレ言うか?(中略)気にいらんかったら辞めろよ”と吉本寄りの発言をしたことは、こうした四半世紀前の約束と無関係ではないのです」(星野氏)

    一度でも自分に牙をむいたタレントは絶対に許さず、降伏させ自分の手下に仕立てあげ、体制維持に一役買わせる。吉本の“恐怖政治”極まれりだ。今後、加藤浩次を筆頭とした“反乱分子”に対し、「血の粛清」が始まる。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16853040/
    2019年7月30日 15時16分 日刊ゲンダイDIGITAL


    【【芸能】“加藤の乱”完全鎮圧で…吉本興業に吹き荒れる大粛清の嵐】の続きを読む



    (出典 hon-hikidashi.jp)



    1 ばーど ★ :2019/07/31(水) 09:11:22.68 ID:GTGCX/No9.net

     現在、自身最長となる2年越しのライブツアー真っ只中の浜崎あゆみ(40才)。全国各地の会場を駆けまわっているさなかの8月1日、一冊の本が出版される。タイトルは『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎)。17才だったあゆのデビュー前夜からブレークを遂げた1999年まで約4年間の軌跡が綴られている。

    【写真】20年前に撮影された浜崎あゆみ、21歳の頃の美貌

    (出典 news-postseven.kusanagi-cdn.com)


    「驚くべきは“禁断の恋”。あゆとエイベックスの代表取締役会長・CEOである松浦勝人さん(54才)との壮絶な恋模様がつぶさに描かれていて、彼女の名曲誕生の裏側も明かされています」(レコード会社関係者)

     かつては「女子高生のカリスマ」と呼ばれたあゆ。歌はもちろん、ファッションやメイクまで彼女の一挙手一投足が世間の関心を集め、安室奈美恵さん(41才)や宇多田ヒカル(36才)らをしのぐ人気を誇った。

     あゆはまた、恋愛や結婚などプライベートでも多くの話題を呼んできた。なかでも最もよく知られているのは、TOKIOの長瀬智也(40才)との恋だろう。

    「2人の関係は2000年から7年間も続きました。交際宣言をし、おそろいのタトゥーを入れて公然と関係をアピール。海外旅行から帰国した時、報道陣の前を手をつないで歩いた2人の姿は今も鮮明に覚えています。日本のアーティストも堂々として“ハリウッド女優”のようになった、格好いいなと思った印象的な出来事でした」(スポーツ紙記者)

     しかし、この恋は終焉を迎える。その後あゆは2度の結婚と離婚を繰り返し、そのたびに「長瀬との恋が尾を引いているのではないか」などと噂されてきた。しかし、本書では松浦さんとの恋こそ彼女の人生において最大の“柱”だったことがうかがえる。
     
    本の表紙を開くと、そこにあるのは《事実に基づくフィクションである》という一文だ。この本の著者は、ノンフィクションライターの小松成美さん。彼女は、著名人を丹念に取材するノンフィクションの名手として知られる。

    「小松さんがあゆを長期間にわたって取材してまとめたのがこの本で、大部分は事実だと思われます。当時を知る人の間では“あゆの暴露本”とさえ囁かれています」(前出・レコード会社関係者)

     事実、本書にはこれまでごく一部の人しか知りえなかった内容が綴られている。

     福岡で育ったあゆは幼い頃に父親が蒸発し、母親と祖母の3人で暮らしてきた。小学生の時にスカウトされてモデルデビューを果たした後、母や祖母とともに上京。女優として活動し、家族を支えるようになる。そんな中、東京・六本木のディスコ・ヴェルファーレのVIP席で出会ったのが、当時エイベックスの専務でカリスマプロデューサーとしてヒット曲を生み出していた松浦さんだった。

     本書ではあゆのデビュー秘話についても触れられている。

    《専務は、三人か四人のグループにして、そのボーカルに私を、と言った。(略)私には無理。グループの中では自分を表現できない。(略)小学校の通信簿にも、六年間、協調性の欄に「努力しましょう」と書かれていた。(略)一人でいれば、人の顔色をうかがわず、自分のペースで生きることができる》
     
     そう考えたあゆは、松浦さんに「一人で歌わせてほしい」と直談判し、ソロデビューが決まったという。
     
     やがて松浦さんに対して恋心を募らせるようになったあゆ。彼女は楽曲のほとんどの作詞を手掛けているが、当時の詞に綴られていたのは、松浦さんへの切ない恋心だった。

    《頭に思い浮かぶ語彙のすべては、その人への想いの偽りのない反映だ。(略)ノートに書いた文章は、つまりラブレターだった》

     1998年、ついにデビューを果たしたが、当初の評判は芳しくなかった。一方で、彼女にかける松浦さんの情熱はすさまじく「浜崎あゆみは人気が出ない」と言い放つテレビマンに殴りかかろうとしたこともあったという。
     
     次第に思いを抑えきれなくなったあゆは、松浦さんに気持ちを伝える。そして、離婚し独身に戻っていた松浦さんは、あゆに運命的な告白をした。

    《私がドアを開けると、スーツを着た専務が立っていた。そして、(略)母に一礼すると、こう言った。「あゆみさんと付き合っています。真剣です」》

     互いの思いを確認した2人は同棲を開始。あゆは15才年上の松浦さんのことを「マサ」と呼び、忙しい合間を縫って愛を注ぎ合った。交際に気づいたエイベックスの幹部らが猛反対したが、松浦さんは周囲を説得したという。

    2019年7月31日 5時0分 NEWSポストセブン
    https://news.livedoor.com/article/detail/16855864/


    【【芸能】浜崎あゆみ、エイベックス会長・松浦勝人氏との恋を告白 壮絶な恋模様が描かれた本を出版】の続きを読む

    このページのトップヘ